脱毛法の種類

脱毛法の種類って?

「今年は絶対に脱毛しよう!」と思い立っても、実際に調べてみると、その脱毛の種類の多さにびっくりすると思います。脱毛法にはどれくらいの種類があるのでしょうか?

脱毛の方法は、医療機関による脱毛法、エステサロンによる脱毛法、自己処理に分けられます。

医療機関の脱毛法

【医療レーザー脱毛】
レーザー光を利用して、毛根やその周辺組織を熱破壊して脱毛します。
薬事法で永久脱毛と謳えるのはこの医療レーザー脱毛のみです。短時間で脱毛ができるうえ、部位によりますが比較的痛みも少ないのが特徴です。ただ料金は高くなりがちです

エステサロンの脱毛法

【電気(ニードル脱毛】
細い針を毛穴に差し込んで、その針に電気や高周波を流し、毛根部を破壊して脱毛します。
1本1本の毛に電流を流していくため、とにかく痛くて時間がかかり、料金が高額になります
また、エステティシャンの腕に左右されるので技術力のあるエステを選ばないと大変なことに。

【光(フラッシュ)脱毛】
現在のエステサロンの主流の脱毛法です。
脱毛の仕組みはレーザー脱毛とほとんど同じですが、医療レーザー脱毛よりも出力が弱いため効果は劣ります。しかし、医療レーザー脱毛に比べて料金は安く、傷みはほとんどありません。技術力の高いエステなら永久といってもいいくらい効果も高いです

脱毛法の比較表

比較表

自己処理

自分で処理を行う脱毛法としては、以下のような種類が一般的でしょう。

・カミソリ
・毛抜き
・脱毛クリーム
・ワックス脱毛
・テープ脱毛
・家庭用脱毛機器

自己処理はたいした費用もかからず自宅で手軽に行えるため、ほとんどの方が使っていると思いますが、その反面、毛膿炎や埋没毛、色素沈着、肌の乾燥などを引き起こす危険性があります。