エステ脱毛、医療脱毛どっちがいい?

エステの脱毛と医療機関の脱毛の違い

エステの脱毛と医療機関の脱毛はどっちがいいのでしょうか?
まずはどのような違いがあるのか見ていきましょう。

本当にざっくりと簡単に説明してしまうと、医療機関の脱毛は医療レーザーを使ったレーザー脱毛が主流で、エステの脱毛は光脱毛という医療レーザーの出力が弱くなったものが主流です。

「じゃあ、効果の高い医療機関で脱毛する方がいいの?」と思いますが、
一概にそうとは言い切れません。お互いのメリット・デメリットを見てください。

  メリット デメリット
医療レーザー ・効果は抜群
・短期間で脱毛できる
・とにかく痛い
・価格が高い
エステの光脱毛 ・痛くない
・価格は安い
・医療レーザーに比べて効果は弱い
・脱毛が完了するまでに時間がかかる

簡単に言えば、エステは時間がかかるけど、痛くないし料金も安く済みます。
一方、クリニックは短期間で終わるけど、痛いし料金が高くなります。

どちらも一長一短があります。もう少し詳しく見ていきましょう。

エステでレーザー脱毛を行うことは禁止されています。
毛根部分にレーザーなど強い光を当てて破壊するという行為は、医療行為になるからです。
そのため、出力を弱くしたレーザー(厳密にはレーザーではありませんが)で施術するので、どうしても期間が長くなってしまいます。

クリニックで行う医療脱毛は、強力なレーザーを使って毛根を破壊してしまいます。
強力な出力なので、短期間で脱毛が完了します。

それでは、エステの脱毛は効果が弱いのでしょうか?

エステ場合、毛根を破壊するほどのパワーはなく、毛根を損傷させてムダな毛を生えにくくします。
効果を実感できるようになるまでには少なくても6回程度通う必要がありますが、徐々に薄く生えにくくなっていき、最終的には医療レーザー並みに脱毛の効果を実感できます。

多少の痛みは我慢して短期間で脱毛したい方はクリニック。
時間がかかってもいいから痛みがなく脱毛したい方はエステ。

というように目的に応じて使い分けましょう。